ようこそ『和みの間』へ
About Us ブログ&お知らせ 無料なごま
会員登録
和みの間
Home
なごまクーポン
ゲット

なごまブログ

シドニー在住お母さんのための生活便利サイト

  • 期間限定の大サービスで、禅ジャパニーズマッサージがあなたのクリスマスプレゼントを全力応援!

    自分では買わないけど、もらうと嬉しいマッサージ・ギフト券!
    創業5年目のクリスマスを迎えるニュータウンお隣にある、全員日本人セラピストの禅ジャパニーズマッサージ。
    この時期になるとクリスマスプレゼントにマッサージのギフト券を買い求めるお客様が急増するのだとか。
    家族、友人、職場の仲間、今年は何をプレゼントしようとお悩みのあなたにピッタリのギフトなのであります。
    男女、年齢を問わないのでプレゼントしやすいということもあり、クリスマスのパーティーの景品として使うためにどっさり購入するお客様もいるそうです。
    デスクワークで疲れているあの人に
    家族のお世話で疲れいるあの人に
    筋肉トレーニングばかりしているあの人に
    実はマッサージのギフト券は、自分では買わないけどもらうと嬉しいランキングにも殿堂入りするほどの人気商品。

    マッサージは高価な娯楽で自分には贅沢だと思っている方にも嬉しい
    何かきっかけがないとマッサージに行くことはないので、もらうと嬉しい
    普段からマッサージに通う方なら、さらに嬉しい。
    そこで、今年の禅ジャパニーズマッサージは全力であなたのクリスマスを応援しちゃいます!

    特典①:
    まず、今年は期間限定でギフト券を入れるための特別な封筒を無料でご用意してくださるとのこと。
    日本文化であるご祝儀袋です。
    日本の手の込んだ見た目の綺麗なこのご祝儀袋がオージーや他国の方々には非常に人気となっているのだそう。

    派手なものから落ち着いた感じのご祝儀袋を幅広く用意してくれているため、プレゼントの見栄えにもピッタリだということで、オージーのお客様に大反響の声があるとのこと。
    また、マネージャーのゲンタさんいわく、Medibankなどの民間保険を使うと、保険がカバーしてくれる分マッサージが安く受けられるのだが、年間のうちにカバーに使える金額が決まっており、それはカバーされる金額を全部使い切っていても使い切っていなくても年12月31日に更新されるのだそう。
    もしも今年はまだそんなに民間保険を使っていないならば、ギフト券購入の際に一度ご自分にもマッサージをプレゼントしてあげてはどうだろうか。

    特典②:
    さらに、エンモアまで足を運ぶのが大変だという方のために、このクリスマス期間に限り、電話でギフト券を購入できるサービスまでしてくれるというのだ。

    電話越しにクレジットカードかデビットカードで支払いをし、住所と祝儀袋の好みを伝えれば即座に郵送で送ってくれる。
    これで、「インナーウェストに友達はたくさんいてプレゼントしてあげたいのは山々なのに、ノースに住んでいるからニュータウンはちょっと遠いんだよ・・・」という読者の方も安心していただけるのではないだろうか。

    特典③:
    更に嬉しいことに、「いつもお世話になっているあの人へクリスマスプレゼントにマッサージのギフト券を渡したいけれど、クリスマスまでに会える機会がない・・・」という方のために、今年の禅ジャパニーズマッサージにはギフト券をメールに添付して送信できるサービスまであると言うのだ。

    方法はいたって簡単で、こちらをクリックするか、禅ジャパニーズマッサージのウェブサイトにいき、そこからギフト券の購入を選択、受け取り主へのメッセージを入力し(この入力はアルファベットのみ可能)、あとは指示に従って進んでいけば、プレゼントしたい人にギフト券がメールで送れてしまう。なんとも痒い所に手が届く嬉しいサービスだ。
    マッサージのコースも幅広くありリメディアル、ディープティシュー、スゥエデッシュ、指圧マッサージ、妊婦マッサージ、リフレクソロジー、リンパマッサージ、アロママッサージこれらのマッサージがこのギフト券ですべて受けれるコースとなっている。
    マッサージのギフト券だけでもクリスマスには喜んでもらえるのに、さらにオージーは特に喜ぶ綺麗な祝儀袋に入れてくれたり、それを郵送してくれたり、さらには会えない人にもお届けすることが出来るという超便利なサービス!
    プレゼントされた側が必ず喜んでもらえるギフトになるでしょう。
    もし、今クリスマスプレゼントでお悩みであれば今年はマッサージ・ギフト券をお試しするのもありかもしれませんね。

    お問合せ・ご相談はお気軽にこちらまで。
    02 7901 2841

    ZEN ジャパニーズマッサージへは、
    210 Enmore Rd., Enmore
    New Town の駅から徒歩約7分。
    タウンホールからM30のバスを使えば20分で目の前のバス停につきます。

  • 奥深い本から下着まで? ReNCOUNTER の本屋さんに行ってきましたよ

    一年を振り返る季節となったが、何とも目まぐるしい年だった。
    誰もがそうであるように、前日とは違う一日を300回以上過ごして、新しい経験を積み、一年前より明らかに成長した自分になったのであろう。
    涙あり笑いありの良くも悪くも彩り豊かな一年だったことは確かだ。
    とはいえまだ12分の1近くも残っている。山ほど溜まったやり残しのことを考えると、そんな感傷に浸っている余裕などない。
    このやり残しを少しでもゼロに近づけるために僕が利用しているのが、カリスマ美容師ヒデさんの本屋さんである。
    実はこの本屋さん、仕事がすこぶるはかどる。

    11月1日の開店初日にヒデさんのインタビューにお邪魔したのがきっかけである。
    『次回は一利用者としてお伺いして、実際にこの空間を体感して記事にしますね』
    などと調子のいいことを言ったまでは良かったが、今や本屋さんの取材などそっちのけで自分の仕事を持ち込んで、入り浸っている。
    自分の図々しさに呆れんばかりだ。
    しかしそれというのも、すべてこの畳とちゃぶ台のおかげなのである。

    僕がお店にふらっと顔を出すと、店番のヒデさんや女性スタッフがボーっと畳でくつろいでいたりする。
    仕事を持ち込む気満々の僕に、ちゃぶ台と座椅子を譲ると、
    『何か飲みます?』
    とか言いながらカウンターに場所を移す。
    くつろぎの場所を奪われた上に、これから約4時間にもわたってこの特等席を占有するであろう不届き者でも快くもてなす、というこの寛容なスタイルには脱帽する。

    お薦めは?と聞くと、どうやらコーヒーにこだわっているらしい。
    コーヒーが苦手な僕は涙を呑みながらお茶を飲むことにするのだが、勿論、このお茶にだってこだわりがある。
    オージーのオーガニックプロダクトでありながら愛知の抹茶をブレンドしており、ポットで Refill 自由にして一杯6ドルというリーズナブルプライスの、こちらのお茶を頂くことにした。
    聞けばふんだんにお茶っ葉を使っており、二番煎じでも十分おいしいというではないか。
    ちゃぶ台にお茶にPC。これぞ至福の時である。

    これで仕事に集中できる。

    この日は毎週金曜日を担当する新しい女性スタッフを相手に、ヒデさんがあれやこれやと説明をしていた。
    明るく社交的でチャーミングな彼女はバリバリのバリスタらしく、やはりコーヒーにはかなりのこだわりがあるようだ。
    僕はPCに向かって黙々と仕事をしてはいるのだが、二人のコーヒー談議に思わず聞き耳を立ててしまう。
    草食動物なら両の耳が二人へ向きっぱなしになるはずだ。見た目で一発でバレるであろう。
    人間でよかった。

    僕のこの諜報活動によると、どうやらコーヒーを入れる際にHempでできたフィルターを使っているらしい。
    まったくもって関係ないのだが、この文章を書いた正に今この瞬間まで、Hemp(=麻)を”ケンプ”と聞き間違えた上に、この初めて耳にしたケンプなる布は、おおかたドイツか北欧あたりの特産品か何かであろうと勝手に思い込んでいた。
    Wilhelm Kempff など如何にもドイツ人にいそうな名前ではないか。

    更に不幸は不幸を呼び、記事の公開前に一応ネットをチェックしたところ、今度は本当に絹布(ケンプ)なる布がこの世に実在することを知ってしまうこととなる。こうなるといよいよ
    『この麻っぽいのってシルクなんだ、へぇ』
    などと感心するようになり、最後の最後に自ら撮ったHempの掲載写真をよくよくチェックしなければ、危うく自分の頓珍漢を世界中に配信するところであった。
    さて、洗えば何度でも使えるこの Hempのコーヒーフィルターには、このお店の『エコロジー』というこだわりを感じさせられる。
    そして、使い捨てのフィルターとは明らかに味が変わるとのこと。
    そうと聞くと、いっそこだわりのコーヒーを頼んで畳で4時間ぐったりしておけばよかった、と心の底から後悔してしまう。

    実は、このフィルターに限らず、本と一緒に棚に並んでいる小物にも地球環境を考えて作ったものが取り入れられている。
    そしてエコロジーと並ぶもう一つの『こだわり』が、これらの作品がこの本屋さんの棚に並ぶまでの『ストーリー』なのである。
    例えばそれは、

    わざわざミャンマーからフェアトレードで取り寄せた材木を、新潟の職人が使う人のことを考え抜いて作った、という食器であり、
    その職人がなぜミャンマーの材木を使うに至ったか、
    そして、ヒデさんがいかにしてその作品と巡り会い、
    この作品を売ってくださる方と、どんな素敵な出会いがあったか、
    といったストーリーでもある。
    これは是非とも実際にお店でスタッフの方から聞いてほしい。

    食器のみならず、棚に鎮座する益子の焼き物にしても、コーヒーも、今川焼きも、甘酒も、オーガニックスープも、Hempも、キャンドルも、すべてここに来るまでの興味深いストーリーがある。
    そして驚くべきは、何とここにある本一つ一つすべてにも、例外なくこういった『ストーリー』がある、というのである。
    そう、この本屋さん、ただ単に売れそうな本を仕入れて、右から左に売る、というわけではない。
    ヒデさんをはじめとしたスタッフの方々が実際にその本を読み、読んだが故に彼らが体験し感じた面白いストーリーや思い入れがなくては、棚に並ばないのである。

    『えぇ本当っすか?んじゃこれは?』
    開店初日、たまたま目の前にあった絵本を差し出してヒデさんに聞いたことがあるのだが、なるほど確かにその本とヒデさんの興味深い話が聞けた。
    そんなストーリーを聞いたうえで実際に読んでみると、絵本と言えど奥が深い。
    こうなると、だんだんこの『本屋さん』が何なのかが、自分なりにわかってきた気がしてくる。
    僕に言わせると恐らく、気軽でオシャレでアートのミュージアムな本屋さんなのである。
    ここには本に限らず作品が『展示』されており、それらの作品を見て触って読んで買うことは勿論、なぜこれを展示するに至ったのか、という出展者だけが体験した素敵なストーリーも共有できる。
    そして何と言っても僕の大好きな、
    『接客しない接客』
    である。

    いくら面白いストーリーがあったからと言って、別にそんなものをひけらかしたり押し付けたりはしない。
    『面白ストーリーでも聞かせてYo、どんどん売って儲けようぜYeah!』などという気合がまったく感じられないのである。
    ヒデさんお気に入りの益子の焼き物に至っては、ストーリーを聞くと買いたくなってしまうのだが、
    『正直、買われてしまうと寂しいかも』
    なのだそうだ。

    くだらないネタに頭をひねり、いかにして多くの人に気に入ってもらえるか、と躍起になって文章を書いている僕からすると、何とももったいない話である。

    さてさて、女性スタッフとヒデさんの話題はコーヒーフィルターをきっかけにHempの小物に話が移ったようだ。
    そういえば、カウンターの前に並んだHemp素材の小物には、一風変わったものがある。
    見た目は何だかわからないのだが、こちらはチャッカマンのように手から離れた場所に安全に火をつけるための物、とのこと。

    なかなかのアイデア商品である。
    そして中でもヒデさんこだわりの品は、Hempの『ふんどし』である。
    パンツのようにゴムを使わないから、一生使えてエコロジー、加えて何とも言えない解放感と、使うほどに体に馴染む、というこのHempのふんどしが如何に素晴らしい逸品なのか・・・
    そんな彼の実体験に基づく壮大なストーリーを大真面目に、僕の位置から5mほど右先で、若くてチャーミングな女性スタッフに説いている。
    如何にすれば訴えられることなく、今日の自分の下着について、かくも事細かに若い女性に説明できるのか、その答えがここにあった。
    決してセクハラでもパワハラでもない。
    これは新人スタッフの立派な研修であり、話している本人も聞いている彼女も真剣そのものだ。
    ここで僕がそんな話をしようものなら、恐らく猥褻物を目の前で陳列した罪で出入り禁止のうえ警察を呼ばれることは明白である。

    しかし、自らふんどしをズボンにあてがいながら、その巻き方を具体的かつ丁寧に説明した上、更に彼女にHempのふんどしをお薦めし始めたあたりから、まてまてまて、と僕のキーボードの手は止まり、身体の全血液と全神経が右の耳に集中してしまう。
    バランスが崩れてそのまま右に倒れそうだ。
    『どういうこと?』
    『何やってるのこの人?』
    『これは記事にしていいのか?』
    『というか、ここは年長者として注意するべきなのか?』
    『ヒデさんってふんどしなのか?』
    『女性用もあるのか?』
    『トイレはどうするのか?』
    『ということは、毎週金曜日にくれば、このチャーミングな女性スタッフから、漏れなくふんどしの素晴らしさを聞けるというのか?』
    『てか、ドイツ人ってふんどし使うのかよ!?』
    すると、頭がふんどしで混乱しながらも何とか、PCに集中する、という見た目を装っている僕に
    『なごまさんもどうですか?』
    なんと、5m先からの諜報活動が完全にバレているではないか。
    『いやぁ、僕はちょっとぉ、いいですよぉ』

    と中途半端ににやけた自分の顔は、さぞやキモイおっさんを露呈していたことであろうが、幸い、出入り禁止と猥褻物陳列罪は免れたようだ。

    さてさて、この記事を書くにあたり、試しに楽天市場で『ふんどし』を検索してみたところ、何ともポピュラーな下着であることがわかった。
    ふんどしの人気ランキングまであるくらいだ。

    後で分かったが、実際に自分の知り合いも普通に使っており、自分の見識の狭さを思い知らされた。
    ただ、恐らくシドニーでふんどしが手に入るのはこの本屋さんくらいであろう。
    楽天など使わず、是非ともここで実際に手に取って試して頂きたい。

    その後、何度も本屋さんに足を運んでは取材や仕事と称しながらこっそり諜報活動にも勤しんでいるのだが、お客さんが入る度に、この
    『コーヒー如何ですか?』
    の話題が
    ⇒『Hempのフィルター使ってて、おいしくてエコなんですよ』
    来るかふんどし
    ⇒『そこにも置いてあるけどHempってすごいんですよ』
    来るのかふんどし
    ⇒『例えばこのふんどし・・・』
    来たこれ、ふんどし!!
    という展開となるのを、ついつい期待してしまう。

    こんな一風変わった本屋さんであるが、本から下着まで取り揃え、エコで一つ一つのモノにこだわりがあり、勝手気ままに自分の時間と空間を過ごすことができる。
    窓側の隅に鎮座する畳とちゃぶ台も是非とも利用して頂きたい。
    但し、そこにお茶を飲みながらPCをカタカタやって仕事しているフリをした耳の大きなキモイおっさんがいたら要注意である。

     

    ATELIER
    By ReNCOUNTER

    ◇所在地
    Level 2, 246 Military Rd,
    Neutral Bay NSW 2089
    Open 11:00amくらいから夕方まで
    月曜定休

    日本食レストラン『新橋』の2階です。
    隠れ家的なコンセプトなので、看板はありません。
    建物に向かって左側に、裏のパーキングに通じる道がありますので、
    (壁にアートが描かれています)
    そこを入って、外の階段を上ると、本屋さんです。
    IMG_1473 IMG_1480

    ◇問合せ
    0452 150 215

    ◇フェイスブック
    www.facebook.com/rencounter


    「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪

     

  • カリスマ美容師がなぜ本屋??あの美容院が本屋さんになってしまった、というお知らせ

    先日、一週間遅れでカミさんの誕生日会を開催した。
    毎年カミさんの誕生日のお祝いが一週間遅れになるのには訳がある。
    誠に申し訳ないのだが、カミさんの誕生日の2日後に、あろうことか僕の誕生日が来てしまう。
    この二人の誕生日と更にオーストラリアへの移住記念日も加わり、我が家にとって10月の後半は一大イベント尽くしなのである。
    そして、義務感が強くマメなカミさんは、自分を差し置いて僕ごときのために『Happy Birtyday to my darling♪』を週末にしてくれる。
    こうして、この愛すべきよくできた妻のお誕生日会はいつも一週間遅れとなる。
    これはマメでない僕が悪いのか、はたまた僕の誕生日のタイミングが悪いのか。
    僕だって好きでこの誕生日を選んだわけじゃない。
    僕に言わせれば、うちの両親がなんちゃって仏教徒のくせに、柄にもなくロマンチックなクリスマスを恐らくエンジョイしちゃったのであろう結果がこの誕生日である。

    しかしその甲斐あって、それから40数年経った今、オーストラリアのシドニーで僕はまぁまぁハッピーに暮らしている。

    経済的に苦労はあるし、英語で苦い思いをしたりもするし、自分のビジネスはなかなか前に進まない。そんなこと言いだしたら僕は、40超えたのに営業が苦手でお客さんが同情するくらいプレゼンはガチガチでコンプレックスが具現化して服を着たような加齢臭を漂わせたすぐに汗かくキモイおっさんだが、それでも、カミさんと子供とゴチャゴチャした毎日を忙しく過ごしている、というだけでハッピーなのである。
    お金も能力も結果も、あればそれは便利だが、これらはあくまでもハッピーになるための数ある道具の一部でしかなく、それ自体がハッピーとイコールなわけではないのだ。
    なんにしても、将来自分の子供たちにも、
    苦労や悩みは尽きないだろうが『まぁまぁハッピーだよ♪』
    と言える大人になってほしい。

    それが子供がしてくれる一番の親孝行だと心底思う。

    ということは、僕がハッピーだと日本にいる僕の親は喜ぶわけだ。
    そして、僕がハッピーだと息子も娘もカミさんも喜ぶし、それが彼らの周りをハッピーにする。
    そうか、なんのことはない。まずは自分がハッピーで気持ちよくなればいいのだ。
    そうすれば世界は救われるんだぜ!

    そんな単純なことに今更気付いたのは、あのカリスマ美容師、ReNCOUNTERのヒデさんを取材したのがきっかけである。
    というか
    『みんな知ってたか?自分が気持ちよくなればYo、世界が変わるんだぜ、Yeah♪』
    などと偉そうに書いてしまったが、これは今回の取材で彼が口にした言葉をちょっと脚色しただけの、実は受け売りなのである。
    その取材というのはReNCOUNTERに関してではなく、ReNCOUNTERだった所に、ヒデさんがあろうことか本屋さんを作ってしまったという話のインタビューである。

    実際に11月1日のオープン初日に彼の本屋さんで話を聞いた。
    落ち着いた空間で好きな時間に好きなだけ好きな本と向かい合える。

    そこにある本を読んでもいいし、自分の本を持ってきたっていい、というか、別に本なんか読まなくてもいい。ただただぼぉっとお茶を飲むだけでもいい。PC持ってきて仕事したっていい。別に誰も邪魔したりしない。
    これなら読書嫌いの僕でも気持ち良くなれそうだ。
    そんな空間を作ってみたから、利用してみて気持ち良かったらまたいつでも来てください。
    というのが僕なりに理解したこの空間のコンセプトである。

    それにしても、
    『なぜ美容師が本屋をオープンしたのか?』
    『そもそもこれは本屋なのか?図書館なのか?それとも漫画喫茶なのか?はたまた、そのどれでもない”何か”なのか?』
    『このカリスマ美容師はこんなことをして何が気持ちイイのか?』
    などなど、尽きることがない疑問に答えてもらおうと思い、ヒデさん本人にお話を聞いてきた。
    実際に僕自身が何度か利用してから、あらためて詳しくご紹介しようと思うが、目先のくだらないネタばかり考えてしまい、毎度文章にするのが遅い僕のことである。
    そんな駄文は待たずに、まずは是非とも足を運んで頂きたい。

    特に、本が好きな人、そうでない人、暇な人、忙しい人にお薦めである。
    場所は、以前ReNCOUNTERのあったあの場所。
    美容院とは違い、勿論予約はいらない。

    取材では、なかなか楽しく内容の濃い話を聞かせて頂いた。
    僕にとってはこの上ない誕生日プレゼントである。
    取材の詳細は後程、こうご期待。

     

    ATELIER
    By ReNCOUNTER

    ◇所在地
    Level 2, 246 Military Rd,
    Neutral Bay NSW 2089

    日本食レストラン『新橋』の2階です。
    隠れ家的なコンセプトなので、看板はありません。
    建物に向かって左側に、裏のパーキングに通じる道がありますので、
    (壁にアートが描かれています)
    そこを入って、外の階段を上ると、本屋さんです。
    IMG_1473 IMG_1480

    ◇問合せ
    0452 150 215

    ◇フェイスブック
    www.facebook.com/rencounter


    「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪

     

  • シドニー初!!私も前から一度は受けてみたかった!無料姿勢チェック+姿勢チェックの仕方指導サービス開始!

    「ダイエットしているのになかなか痩せない、難しい」、「何だか体がだるい、重い・・・」、「肌のたるみをなくし、肌のハリ・ツヤを取り戻し、若返らせたい」、「身体の末端が冷え性で痛い」、「首・肩がなぜかすごく凝る」、「いつもネガティブに考えてしまう・・・」、「しっかり寝てるのに疲れが取れない」

    これらすべて、姿勢を良くすれば解消するかも!こんなにおトクな姿勢チェックが、なんと無料で受けられるサービスを開始!
    「えっ!?この前カイロプラクターに行ったら、姿勢チェックだけでお金を請求されましたよ?!」
    ご安心ください!禅ジャパニーズマッサージでは、もちろん姿勢チェックだけの来店でもOKです!でも、正しい姿勢って?知らないと気づくのは難しいですよね。
    まずは、お子さんの姿勢に歪みがないか、ご自宅でチェックしてあげられるように、禅ジャパニーズマッサージではそんな姿勢のチェック方法指導も行っています。勿論、禅ジャパニーズマッサージのセラピストは経験豊富な理学療法士、アスレティックトレーナー、パーソナルトレーナー等々、あらゆる観点からのプロのチェック・さらに!姿勢ケア・パーソナルエクササイズ指導などが本当に無料で受けられてしまうんです!

    姿勢、気になっていませんか?お子さんなど、身近な人の姿勢、チェックできるようになりたくはありませんか?

    姿勢改善による良い効果は数えきれないほど多岐に渡ります。
    人間の美しさは姿勢からはじまり、そして正しい姿勢で生活を送ることによって健康や美容、さらにはダイエットにも効果的です。
    現代人は昔の人に比べて姿勢が悪い人が多くいると言われています。
    姿勢を正すことによってどんなメリットがあるのかを知ると、姿勢を正そうとする意欲も生まれますよね

    1.ダイエット効果

    ダイエットのためにスポーツや食事制限をしても、姿勢が悪いままだとダイエット効果が減少してしまいます。座っているだけでも悪い姿勢と正しい姿勢では、代謝が20パーセントも差が出ると言われています。どんなダイエットをするにしても、姿勢を正すことから始めると代謝も上がり、便秘も解消されて健康的でより痩せやすい体になるということです。「ボディーラインがすっきりする」と喜んで頂いております。

    2.冷え性の改善

    姿勢が悪いと、体の一部分にたくさんの負担をかけることになります。そうなってしまうと血流が悪くなってしまい、代謝も悪くなってしまいむくみや冷え性になってしまいます。
    姿勢を正すことで体に負担がかからなくなるので血流が改善されて、代謝も上がり冷え性が改善されます。

    3.美肌へ導く

    姿勢が悪いと血流が悪くなり、口にした栄養が肌まで届かなくなり外からの刺激(紫外線や細菌など)からの抵抗力が弱まってしまい、乾燥・ニキビ・シワの原因となってしまいます。
    さらに胃腸が圧迫されてしまうことで、腸の中にある不必要な毒素が排出されなくなり、その代わりに毛穴から老廃物を出そうとして肌荒れを起こしてしまいます。姿勢を正すことによって、体内にある余分なものを排出してくれて、肌が健康になり美肌へと導いてくれます。

    4.首や肩の凝りの解消

    姿勢が悪くなると首や肩にとても負担がかかってしまい、筋肉が緊張し続けて血流が悪くなって酸素が筋肉に行き渡らなくなり、さらに疲労が蓄積されてしまい首や肩の凝りの原因となってしまいます。正しい姿勢を保つことで、首や肩に負担がかかりにくくなって、凝りが解消されやすくなります。体の歪みや肩こり、腰痛、頭痛など姿勢の悪さが原因かもしれません。

    5.精神面の安定

    姿勢が悪い状態が続くと、精神面にも悪影響があります。姿勢が悪いと常に下を向いて生活を送る癖があり、そのせいでどんどん気分が落ち込みやすくなったり、ネガティブな思考へとなり、さらには老けて見られてしまったりと人からの印象も悪くなってしまいます。姿勢を正すと脳にあるセロトニンという成分の発生を促進させてくれるので、精神面の安定を得られます。そして若返りの効果や前向きでポジティブな思考でいられて、集中力もアップします。

    6.お子さんの健康

    最近は、ゲームばかりで外で遊ばない子、好き嫌いでバランスのとれた食事が出来ない子など、様々な原因から幼いうちから姿勢が悪化しやすい環境です。
    研究では、近年、子どもの姿勢悪化や筋力低下が顕著で、かつて中高年が罹患していた腰痛や肩こりなどの症状が若年化して問題にもなっています。
    小さいお子さんは姿勢が悪くなっていても自分では分かりません。大人が早く気づいてあげることが子どものからだを守ります。

    でも、正しい姿勢って?知らないと気づくのは難しいですよね。

    禅ジャパニーズマッサージではそんな姿勢のチェック方法指導も行っています。まずは、お子さんの姿勢に歪みがないか一緒にチェックしてみてあげてください。

    勿論、プロのチェックも可能です。この機会に、姿勢や背骨の健康診断に役立ててみましょう。無料ですのでお気軽に一度ご来店ください。
    姿勢・骨盤矯正をシドニーで初めて導入し、それから4年間の実績のある禅ジャパニーズマッサージだからこそ可能なこのサービス!これまでにも幅広い年齢層の方にご来院頂き、「お困りの症状が和らいだ」と喜んで頂いております。これだけでもおトクなのに、なんとこのサービスは今月だけではなく、半永久的に無料で続けていく予定です。

    受付は平日のみ可能ですが、もしもマッサージも受けられるのであれば、12時までにご来店のお客様には
    全コース10%オフの朝割キャンペーンもやっている月~木が特におススメです。

    ご相談はお気軽にこちらまで。
    02 7901 2841

    ZEN ジャパニーズマッサージへは、
    210 Enmore Rd., Enmore
    New Town の駅から徒歩約7分。
    タウンホールからM30のバスを使えば20分で目の前のバス停につきます。

  • これがギックリ腰か?朝起きたら何をやっても腰が痛い!どうすんのこんなの??

    それは、2週間ほど前のこと。
    朝起きたらいきなりですよ。人生初のギックリ腰。
    痛みを我慢して歩けど、少しの段差に足を上げることもできない。
    やっとの思いでトイレにたどり着いても、腰を曲げて便器の蓋を開けることができない。
    いやいや、そんなの可愛いものですよ。もうすべての行動が痛い。
    朝ごはん作る、子供を起こす、ごはん食べる、着替える、車に乗る、ブレーキ踏む、クラッチ踏んでギア変える、エンジンかけてアクセル踏む、クラッチ踏んでギア変える、クラッチ踏んでギア変える、クラッチ踏んでギア変えるって、何の罰ゲームだこれは?

    俺が何したってんだ??

    ここは禅ジャパニーズマッサージさんかノブコハイアムにお願いするところなのですが、僕のピンチを聞きつけたお客さんが
    『すぐに行ってこい』
    とカイロプラクティックを紹介してくれました。

    せっかくのご紹介ですからね、電話をして症状を説明すると、有り難いことに何とかその日の午後に予約をねじ込んでくれました。
    場所はシティのジョージストリート。
    カイロプラクターは、デニスさんというオージーのおじさま。この方いぶし銀です。
    僕は英語の苦手克服で英語で話しましたが、実は日本語も達者とのこと。

    オフィスにお伺いすると、早速症状を聞いて、立った状態で背中を曲げたりしながら診断してくだいました。
    その後、うつ伏せに寝た状態で幹部をマッサージ開始。

    (*写真はイメージです)
    十分すぎるほどのマッサージで背中と腰をほぐしたあと、膝を曲げたり、股関節をぐるぐる回したり、とそのすべてが優しい。
    時間をかけて準備が整ったところで、
    『次は何だろう?』
    と思っている間に、不意を突くように一瞬だけ体重をかけて”ボキボキ”
    『Ohhhhhhhhh』
    左右反対側も油断したところを”ボキボキ”
    『Ohhhhhhhhh』
    痛くないです。

    その後2回デニスさんの所に通って、治療が終了したのが3日前。

    (*写真はイメージです)
    最終日は、腰だけでなく背中も”ボキボキ”してくださいました。
    背中がめちゃくちゃ軽くなりますよ。
    そして、今からすると
    『あれは何だったんだ?』
    と思うほど腰は普通です。

    というわけで、デニス先生、お薦めです。

    Mobile: 0412-500-182

    <シティ診療所>
    Address:
    Level 8, Suite 16A Dymocks Bldg
    428 George Street Sydney 2000
    Tel:
    02 9232 8195

    <Petersham診療所>
    Address:
    12 Terminus St
    Petersham 2049
    (<Petersham駅から歩いてすぐ)
    Tel:
    02 9550 0730

    Mail:
    dennis_g_maher@hotmail.com

  • ポカポカなリラクゼーションで温活のご提案♪

    ちょっといきなり寒すぎるんじゃないかシドニー。
    なんて、朝晩震えている40超えたオッサンに朗報なキャンペーンのお知らせが、禅ジャパニーズマッサージさんから届きましたよ。
    詳細はこちらから。

    6大特典の4周年記念・温活サービス実施!

    気温も冷えて寒くなってきたこの時期、マッサージ店に行って寒い思いをされたことはないでしょうか??そこで当店では6大特典の 温活サービスを導入しました。

    1.ホットカーペット
    冷え切ったベッドにうつ伏せになり寒い思いをされたことはないでしょうか?
    そしてベットの下から深々と冷気を感じたことはないでしょうか?
    そこで当店ではベッドの下にホットカーペットを敷くことにより身体全体がポカポカになります。
    身体が温まることにより血流も良くなりマッサージの効果も倍増します。

    2.ホットアイマスク
    目の使いすぎで疲れてませんか?視界は良好ですか?
    PCやスマホ、ブルーライトそして太陽も低くなり紫外線がダイレクトに目に差し込む季節で目に
    負担が掛かるばかりではないでしょうか?。
    そこで当店では眼疲労に絶大な効果を与えてくれるホットアイマスクを仰向け時に使用。
    中身はあずきを使用。小さなあずきを使用することによりお客様の目の形にフィットします。

    3.ホットクッション
    この時期になると肩・腰そしてお腹に冷えを感じられたことはないでしょうか?
    そこで当店ではホットクッションを使用することによりピンポイントで芯から温め、筋肉の凝りを
    溶きほぐし、深いリラックスへと導きます。特にお腹を温めると、内臓の冷えが解消できます。

    4.ホットストーン
    マッサージ中、手足が寒いと感じられたことはないでしょうか?
    そして上半身の施術が終わり、脚の施術に入ったとき背中が寒い、そして寂しいと思ったことは
    ないでしょうか?そんなときに手足、背中に温かいホットストーンがあれば、あなたの悩みはす
    べて解消!
    ホットストーンから発生する遠赤外線により、温かさが身体の深部まで伝わり新陳代謝が良くな
    り老廃物を排出させます。真皮からのサラサラとした汗をかくので、お肌も潤いデトックスにも効
    果的です。

    5.ホットオイル
    セラピストの手が冷たい、初めのタッチが冷たいと感じられたことはないでしょうか?
    この時期、確かにセラピストの手も冷えてしまいます。
    そこで当店ではホットオイルを使用することによりセラピストの手はいつも以上に温かい温度を
    保つことができます。

    6.エアコン完備
    冷え切った店内で着替えの際に寒い思いをされたことはないでしょうか?
    マッサージが終わったあとも店内が寒いと、マッサージで温めた身体がすぐに冷えてしまいま
    す。そこで当店では温暖設備があるので安心してください。入店時から最後まで寒い思いを
    させません。

    メニューも豊富でリメディアル・スウェディッシュ・ディープディシュー・指圧・リフレクソロジー・フェイシャルなどをご利用可能です。さらに当店ではオーストラリアの民間保険にも対応。これからさらに気温も低くなることでしょう。この6大特典・温活サービスで厳しい冬を我々と共に乗り切りましょう!!

    お問い合わせは日本語でお気軽に、こちらから
    02 7901 2841

  • 禅ジャパニーズマッサージさんで、今まさに注目されている『フェイシャル・トリートメント・コース』をご紹介!

    僕も大した顔はしておりませんけどね、長年以上も付き合ってきた顔だから、なんかもう慣れたというか、カミさんもいるし、もうどうでもいいというか。
    でも、やっぱり40過ぎたオッサンになって、ふと鏡を見た瞬間に思う訳です。
    『なんだこのしわは?俺ってこんなんだったっけ??』

    さてさて、そんな悩める中高年だけでなく、お若い方、お美しい方も、さらにお若くお美しくなれるのがこちら!
    あの禅ジャパニーズマッサージさんで今大人気のコース、フェイシャル・トリートメント・コースのご紹介です。
    その内容は・・・ 続きを読む

  • なごまニュースレター12月号 Happy Xmas !

    head 

     2016年も残すところあと1ヶ月となってしまいました。
    年末になると思う訳です。
    何かやり残していないか、自分はこの一年で成長したのか。
    大人も子供も経験を積むことで成長するわけです、はい。
    という訳で、まだまだ間に合う、ちょっとした経験をしてみませんか?

     * お店の最新情報、突然決まったイベント等の情報を 入手したい方は『和みの間』のFacebookページで「いいね!」をクリックしてください。

    新規で加わる新しいお店の情報や人気コラムの更新情 報等をいち早くお届けしています。  

     


     ◆ 今月のイベント・キャンペーン&お知らせ

    【Crystalphase から、ギフトバウチャーとスクールホリデーワークショップのお知らせ】

    voucher
    voucher

    ◇ クリスマスに最適!ギフトバウチャーのお知らせ。
    まったくもってしてマメじゃない僕は、カミさんの誕生日プレゼントを選ぶだけでも大事です。
    でも今年は Crystalphase がギフトバウチャー始めましたからね。早速カミさんへの誕生日プレゼントに使わせていただきましたよ。
    そして、クリスマスと言えばやっぱりプレゼント。
    うーん、またバウチャーにしちゃおうかな・・・なんて思ってしまうくらい便利。
    まだまだクリスマスに間に合う、 Crystalphase のバウチャーはいかかでしょうか!

    kidsspecial
    ◇ またまたやってまいりました、恒例のホリデースペシャルワークショップ。
    クリスマスもいいけど、その前にやってくるのがスクールホリデー。
    夏ですからね。ビーチにキャンプに繰り出すのもいいけど、ちょっと暑すぎかも。
    そんな時にお薦めなワークショップ。
    今回のワークショップは一足先に12月1日から順次開催いたします。
    ホリデー前でもお誘いあわせの上参加できてしまう♪

    バウチャーのお求めとワークショップのお問合せは、Crystalphase まで。
    0422 787 678

    または、
    crystalphase2213@gmail.com

    是非是非!


     【こころクリニックさんからのお知らせ】

    シド</p>
<p>ニーこころクリニック

     年内のこころの整理は、年内につけたくありませんか?12月は、カウンセリングに取り組まれる方が多数いる時期です。
    メディケアやプライベート医療保険の年内リミットのカウンセリングカバーを有効に活用して、来年につなげられる時期でもあります。
    なごまでおなじみのやのしおりさんは医療資格のサイコロジストなので、GPの紹介で海外旅行保険やメディケア、学生OSHC保険などほぼ全ての保険で全額カバーが可能です。
    12月も他の都市へ、保険全額カバーでの出張カウンセリングも行っています。
    ・キャンベラ 4日(日)、18日(日)
    ・ゴールドコースト/バイロンベイ 10(土)〜11日(日)、月末も予定あり
    ワーホリと学生は参加費無料のワークショップ「心理を専門に」21日(水)3:30〜。
    「年末をしめくくるマインドフルネスと瞑想」30日(金)3:30〜。
    出張先でも心理学ワークショップ同時開催!
    Sydney Cocoro Clinic Registered Psychologist (Australia) Shiori Yano
    MAPS,  M. A.,  Medicare Provider: 2820208L
    Worldciti Medical, Level 1, 722 George Street Sydney NSW 2000
    0416-006-835 
    www.cocoroclinic.com.au
    詳細はこちらから。
    こころクリニックブログ
    こころクリニックなごまサイト
    フェイスブックも更新中


     【ワールドシティ日本語医療・歯科センター、12月のキャンペーンは・・・】

    ワールドシティ
    「院内で体・歯・心・美のケア」ができる総合医療センターのワールドシティ。
    週6日勤務、皮膚疾患に詳しいGP女医のドクター・ジェシカや、矯正やインプラントの腕ではシドニーで指折りの歯科医、ドクター・マシューが診療しています。
    年末年始は、
    医療は、12月23日まで。受付再開は1月10日、診療開始は1月16日。
    歯科は、12月23日まで。年明けは1月3日から。

    年内にきれいになりたい方、12月の女医GPが施術する美容医療スペシャルは、ヒアルロン酸注入$100オフ!!新年やクリスマスホリデーをきれいになって迎えたい方は、23日までにドクタージェシカへ!

    歯科も、年内のプライベート医療保険カバーを使って、治療や検診、クリーニングをすましてしまうラストチャンスです!!ワーホリと学生の歯科治療費10%オフ(矯正も)。
    どのドクターも「腕に自信あり」。クリーニングさえ、その丁寧さに自信があります。
    歯科の12月スペシャルは、矯正(インビザライン含む)またはインプラント:$500オフ。
    フィリップス・ズーム・ホワイトニング(院内での歯の漂白)10%オフ

    まずは初回無料相談とお見積もりを予約⭐️コミットの義務なしなのでお気軽に。
    日本語ライン9281-0348

    もしくは、オフィシャルサイト
    デスカフェ
    デスカフェ、という言葉をご存知でしょうか。
    デスカフェとは人が亡くなる、亡くなったことについて、安全な雰囲気の中で何でも語ることのできるボランティアベースのサロンで、全世界で展開されています。
    もちろんオーストラリアの各都市や日本でも。
    http://deathcafe.com
    シドニーでも日本語によるデスカフェを始めることになりました。
    参加費用はケーキとお茶、スナック代の十ドルのみ。
    大事な方が亡くなった体験、自分が老いて行くこと、亡くなることのとらえ方など、何でも率直に話し合いましょう。来年は年に4回ほど定期的に開催予定です。
    場所はシティ、ジョージ・ストリートのワールドシティ医療・歯科センター内。ファシリテーターはサイコロジストのやのです。
    ⚫️12月23日(金)3:30-4:45pm

    Facebookページ
    https://m.facebook.com/profile.php?id=661886403979577

    電話かテキストでお問い合わせ、ご予約ください。0416-006-835(やの)


     【Universal KIDS からお子様向けホリデープログラムのお知らせ】

    Universal KIDS
    もう、ホリデーの予定は立てられましたか?
    お子さんの英語、日本語をブラシュアップするいいタイミング!
    Universal KIDS より、楽しく学べるキャンプのご紹介です。

    ◇ 英語キャンプ
    会話、発音、ゲーム、クッキング、工作など 盛りだくさんの内容。楽しみながら英語を身につけられます。
    休み中に英語力を維持するのにも効果的です。
    先生はもちろん バイリンガルの ア ンドリュー先生♪

    1月9日 (月)~1月13日(金) 午前10時~午後2時 
    対象  Kindy以上
    定員 8名 お早めに!!
    参加費 $220/5日間  

    ◇ 日本語キャンプ
    普段、現地校に通っている子ども達。
    生活でも英語の方が 楽になってきていませんか?
    家庭の日本語だけでは、日本語は十分ではありません。
    ホリデー中家庭以外の環境で楽しみながら日本語に少しでも多く触れ使う機会を作ってあげませんか?
    クッキング、工作、手芸、ゲームなどをしながら、日本語のシャワーを浴びましょう。

    1月17日 (火)& 1月19日(木) 午後1時~5時 
    定員8名 こちらもお早目に!
    参加費 $110(教材費、GST込)

    お申し込み: info@universalkids.com.au
    Facebookも宜しくね♪ https://www.facebook.com/universalkids.com.au/


    ◆ 今月のコラム

    【貧乏だろうが不細工だろうが人生幸せになったもん勝ち。じゃぁ幸せになるためにはどうすればいい?そもそも幸福ってなんだ??】

    コラム

    『子供を待って褒めるのだ』
    とか偉そうなこと言ってたけど、僕だって怒るときは怒りますよ!
    でも何だか息子の様子がおかしい。
    まさかお前・・・・

    続きはこちらから
    『今月のコラム』


    ※本メールは、和みの間会員に新規登録し、ニュースレターの配信をご希望され た方に お送りしています。

    今後メールの受 信を希望されない方は、件名または本文に「配信停止」として、本メールにご返信ください。

    【発行元】
    和みの間事務局
    info@nagominoma.com


    「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪

  • 貧乏だろうが不細工だろうが人生幸せになったもん勝ち。じゃぁ幸せになるためにはどうすればいい?そもそも幸福ってなんだ??

    前回のコラムでは、
    『子供を待って褒めるのだ』とか
    『自信とは何か』だとか、何とも青臭く中学2年生のような作文を公開してしまった
    恥ずかしいを通り越して、寧ろ自分を褒めてやりたい。
    これもすべては原田房枝さんの本やワークショップのおかげである。
    それでは、自分があれ以来心を入れ替えて、常に根気よく子供を待つようなユトリなパパになったかというと、そんなことはない。
    褒めるとは書いたが、怒らないとは一言も書いたつもりはない。
    人としてやるべきことはきちんとやる、これを教えるのは、親として重大なミッションなのである。

    先日、約束を破ったのに悪びれる様子もなくふざけていた息子に、僕の怒りが炸裂した。
    息子は暫くしてようやく自分が怒られていることに気付き神妙になったが、どうも様子がおかしい。
    僕のお説教に機械的にコックリと相槌はするのだが、それはもはや、ただのコックリ人形であり、どう見ても僕の話を理解しようとしていない。
    cf954db3378bcccd149b4ad1659f2c14_s
    僕が息子に伝えようと思った内容は、言葉という手段を用いて声として発せられる。
    それは音波として彼の耳にある鼓膜を振動させ、それが電気信号として神経を伝って、確かに彼の脳に届いている。彼のコックリ運動を見ればそれは間違いない。
    ところが、
    『目の前で怒り狂っているこのおっさんを、これ以上刺激しないように、とりあえずは相槌でも打っとこうぜ』
    という目先のリアクションを反射的に返すだけで、その先、大脳の上側頭回後部に位置する彼の言語中枢まで僕の発した言葉は到達していない。
    どうやら考えることを拒否して、ただただ嵐が過ぎるのをジッと待つ、そんな作戦を決め込んでいるようだ。
    確かに、一見すると神妙に僕を見ているようだが、実はその視線は僕の肩の上へ微妙にずれており、虚ろな瞳は何処か遠くを見ているようで焦点も合っていない。
    考えることを捨てることで『無』の境地に行き着くことができる、と聞いたことがある。
    息子は7歳にして悟りに至ったのか・・・
    以前ヨガにトライして程なく挫折した僕からすると、羨ましい限りである。
    そう思って改めて息子を見ると、何ともボーッとして穏やかな良い顔ではないか。
    1642dfb611dd02e2e1a4c0b4b5bae514_s
    まるでお地蔵様を叱りつけているようだ。
    なんだか罰当たりな気分になってくる。

    それにしても、息子の視線が気になる。
    その先にはいつもと変わらない庭があるはずだが、普段は『見えるはずがない』と思い込んでいるものでも、無の境地なら見えてしまうのかもしれない。
    bd8e5ee06d13504b5a2e59c82b5c8fc9_s
    彼は僕の肩越しに何を見ているのか?
    そう言えば何だか肩が重たい気がしてきたぞ。
    もう11月なのに、この部屋こんなに寒かったか?
    お前は一体誰にコックリしているのだ?
    ていうか、俺の背中に何か憑いているのか?!

    さてさて、そんな子供に手を焼いているところに、こころクリニックのサイコロジストやのしおり先生がワークショップを開催する、という情報が入った。
    16aps-pw-d-land-banner
    ちょうど毎年恒例の心理学ウィーク中で、やの先生が特別に企画したワークショップ
    「ポジティブ・サイコロジー:シドニーに住む日本語話者へ」
    にお邪魔することとなった。
    ちょうどいい機会だ。息子の上手な叱り方でも聞けるかもしれない。

    出席者は女性の方が多かったが僕を含めた2名は男性である。
    この日のテーマはポジティブ心理学。
    心理学やカウンセリングと聞くと、心に傷を負ったり心の病の治療といったネガティブな心の状態を連想してしまいがちだが、実は健康な人がより幸せになるための心理学も研究されており、それこそがこのポジティブ心理学なのである。
    fc12f966213343841441b68fa6396a3d_s
    自己紹介後、やの先生の興味深い心理学のお話に思わず身を乗り出す。そして先生がリードして、自然とディスカッションが進む。
    ディスカッションといっても、仕事場でのミーティングや学校の授業ではないので、
    『頑張って参加しなくちゃ』とか『私も何か意見を言わなくちゃ』とか『置いてかれる』
    なんて感覚はなく、ただ黙って聴いていても心地いい場所と興味深い話題で、安心して有意義な時間を過ごすことができる。

    そんな、やの先生の幸せに関する話で、最初に目からウロコだったのは、
    『物欲や快楽による幸せは長続きしないが、他人に優しくしたり他人を幸せな気持ちにさせた、という思いは、その人自身の安定した幸福感につながる』
    という話だった。
    d1d5d8003c68598820f804ed7860308a_s
    新しい携帯をゲットして物欲を満たすのもハッピーだが、それよりも人に優しくした方が、よっぽど効果的に自分自身の幸せを感じることができる、という訳だ。
    この話が、宗教でもなくスピリチャルでもなく、心理学という極めて科学的な学問の研究結果として先生から紹介されるのだから、説得力がある。
    『人間もまだまだ捨てたものじゃないではないか』
    と、嬉しく思ってしまった。
    これは、自分のためにも実践しようではないか。

    その後、心理学に基づいた自分の幸福度の測り方、なんて話で盛り上がったが、ひょんなことから子供の話となり、昔自分が親に怒られたことを、今は自分の子供に繰り返していることがある、という話題になった。
    子供といえど、個性を持った一個体である。
    それなのに、僕はかつて母親が僕にしたのと同じような怒り方をすることがある。
    確かに子育ても自分自信が育てられた経験に基づくところ大であるが、その一方で、僕自身だって個性を持った一個体なのだから、僕のオリジナルで子育てをしたって全然いいのである。
    過去のトラウマや自分の行動に影響する記憶を見つめ直して、それを『成仏』させるのも、時には必要とのこと。
    そんな話をしていると、やの先生がおもむろにボードゲームのような箱を持ってきた。
    中から出てきたのは、子供や大人の形をした簡単な人形。
    それを並べて、先生が解説してくださる。
    img_0721
    まずは大人の人形と向かい合うようにして子供の人形を並べた。
    これは、僕と、僕に怒られているコックリ人形のような息子である。
    そして僕の心理を解説しながら、やの先生は、息子の人形の後ろに、もう一人の子供の人形を置いた。
    これは子供の頃の僕自身である。
    確かに僕に叱られている息子と向かい合うと、僕は自然と、親に叱られていたかつての自分を彼にダブらせている。
    更に先生は、僕の人形の後ろにもう一つ大人の人形を置いた。
    これは僕の親である。
    確かに僕は息子を叱る際に、かつて自分を叱った親を、心の何処かで意識している。
    doll
    こうやって、自分と息子、そして、自分の中で意識しているかつての自分と親を、人形を使って第三者的に見ると、驚くほど客観的にこれらの関係を考えることができる。
    学問的な研究結果や科学的根拠に基づいた手法の一端を垣間見て、またもや目からウロコの内容であった。

    後半では、幸せを感じるコツについて、やの先生からアドバイスがあった。
    その一つを紹介しよう。簡単なことである。
    『寝る前に、その日起きたハッピーだったことを三つ書き出す。』
    これは取材にいらしていた日豪プレスの記者さんもされているらしい。
    初対面だったが、とても礼儀正しく大人で自身に満ちた方だ。流石は日豪プレスさんである。
    僕もこんな風になりたい!という一心で早速その日の夜から毎晩トライしている。
    9bd1aa8671b2119a9885a257940be345_s
    他人に優しくしたことが一番効果的に自分の幸せにつながる、と言うのであれば、それを実践し寝る前に思い出すのが一番いいのかもしれない。
    そんなことで?と思うかも知らないが、これがなかなかの効果をもたらす。
    極端に言うと、その日のハッピーを思い出すことを毎日続けることで、
    『明日も何かいいことがあるに違いない』
    という訳のわからない自信が自然とつき、前向きに明日が待ち遠しくなるような感覚を持てる。

    その他にも興味深いトピックは尽きることが無かったが、残念ながら時間となってしまった。
    やの先生がこのワークショップの中で仰った、
    『落ち込んでいる気持ちがあったとしても、それは自分の中のごく一部であって、それがあなたよりも大きくなることなんてない』
    『社会や家族にどう貢献できるかを追及したり、それがわかったうえで一生懸命になっていることが幸福』
    そして、
    『幸福は他人にうつる、連鎖する』
    という3つの言葉は、忘れないように僕の心に刻んでおこうと思う。
    b047cd7c31cb7b7b1cd44b36c3b34c70_s
    幸せになるための科学的な学問や研究があり、それをマスターして一般の人にもわかりやすく楽しくシェアしてくれるサイコロジストが身近にいる、というのは何とも心強いではないか。
    僕が今回のワークショップで最も印象に残ったのは、前述した、人が幸せと感じるもの、自分自身の客観視、そして日頃からハッピーを感じること。
    おそらく他の出席者の方は、彼らなりに得たものがあったのであろう。
    ワークショップが終わってからも、やの先生の周りには出席者の方が詰めかけていたため、僕はお礼とお別れの挨拶を簡単に伝えただけで、その場を後にした。
    僕にとって、このワークショップは自分の心理と客観的に向き合い、幸せを感じる努力をするキッカケとなった。

    それから自分自身の成長を試すのに、数日と必要とすることはなかった。
    また息子がやらかした。そして僕が叱る。
    と、ここまではいつもと同じだが、僕はやの先生から言われたことを思い出し、この状況を客観的に見る。
    客観的に捉えてしまえば、もはやヒステリーなど起こさない。
    そして、叱ってはみたものの、最後に
    『まぁ俺も小さい頃、似たような事でお婆ちゃんに滅茶苦茶怒られたけどな』
    340362ff0b8ba586a8d709e25ab7ac25_s
    なんて一言が思わず口から出てしまう。
    その一言が良いのか悪いのかも、それを聞いて息子が安心したのかどうかも定かではないが、これに限らず、良い意味で以前とは明らかに違ったコミュニケーションが取れていると実感する。
    親としてちょっとした成長ではないか。
    やの先生に感謝である。

    それにしても、息子はコックリしながら僕の後ろに何を見ているのか?
    僕の父親はもう10年以上前に他界したが、落ち着き払い何事にも動じることのなかった父親から怒られた記憶は殆どない。そんな父親を相手に息子がコックリしているとは思えない。
    怒った僕の後ろに見えるとしたら、それは寧ろ、僕と兄からかつて鬼より怖いと恐れられた母親の方だと思うのだが、その母は日本で元気に暮らしている。
    ・・・はずである。
    ちょっと待て、まさか母ちゃんに何かあったのか?!
    すると、いつもの絶妙のタイミングで息子の一言である。
    『あ、またやってる♪』
    お説教もちょうど終わったところである。僕が勇気を出して振り向くと、そこにはいつもと同じ庭が広がっていた。
    そして息子の視線の先には、お隣さんとのブロック塀があり、その上では、盛りのついた鳩が交尾をしているではないか。
    08da8fe7c64b4bc8f36d25f82a10647b_s
    『んなもん、見てんじゃねぇ!』
    目の前で、幸せの象徴が幸せなことをしている。
    息子が、どこか遠くを見つめるお地蔵様のような穏やかな顔だったのも頷ける。
    どうやらこいつは、僕に怒られている間ずっと鳩の交尾を観察しながら、ただただ嵐が過ぎるのを待っていたらしい。
    それも、すごい集中力で観察して、テキトーに鳩に向かってコックリしながら、僕のお説教という現実から、こいつは逃避していたのだ。
    何が無心だ。何が悟りの境地だ。
    やの先生の解説してくれた僕の心理とは裏腹に、現実の世界では僕の後ろには、かつての母親ではなく破廉恥な鳩が二羽いた、ということのようだ。
    人形まで出して真剣に考えて下さったやの先生に、なんだか申し訳なくて顔向けできない。

    ただ、子供の頃の僕が、息子と同じ状況でこの鳩に出くわしたら、どうだっただろう。
    当然、同じ事をしただろう。100パーセント間違いない。
    そしてそれが母親にバレて、エライことになる。
    これは想像するだけでも恐ろしいぞ。
    そう言えば、最近母親と話していないではないか。
    かつて鬼婆と恐れられた母も今では好々爺となってしまったが、あまりご無沙汰だとまた怒られるかもしれない。
    久しぶりにスカイプでもしよう。


    やの先生のワークショップは、毎月恒例で開催中!

    FullSizeRender
    自分や周りの幸福のために、心理学を学ぶのもいいかも!
    2016年を締めくくる12月の開催は
    ・12月21日(水)3:30〜
    ワーホリと学生は参加費無料のワークショップ「心理を専門に」
    ・12月30日(金)3:30〜
    「年末をしめくくるマインドフルネスと瞑想」
    お問い合わせ: 0416-006-835

    オーストラリアを西へ東へ南へ北へ、今月もやの先生が出張カウンセリングをいたします。
    ・キャンベラ 12月4日(日)、12月18日(日)
    ・ゴールドコースト/バイロンベイ 12月10(土)〜11日(日)
    出張先でも心理学ワークショップ同時開催!


    「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪

  • ​ 間違いだらけの自転車選び:クリスマスプレゼントに自転車はいかが?でもちょっと注意が必要かも。

    暖かく、というより熱くなってきた今日この頃、我が家で流行っているのはサイクリングである。
    以前 Kimbricki のごみ処理場で見つけた、車に自転車を載せるキャリアが大活躍している。
    この 2nd hand のキャリアに自転車を3台積んで、近くの Narrabeen Lagoon まで車で行く。
    のどかな湖畔の風景あり、ジャングルあり、カッコいい橋あり、といった歩行者と自転車の専用コースであり、湖を一周できる。
    このコース、海抜がほぼゼロの湖を周るだけに、高低差など殆どない。
    サイクリングは勿論、ウォーキングにもジョギングにも是非ともお勧めなコースなのである。

    lake
    始めて息子とここを訪れた際は、怖がって自転車に乗ることすら拒否していた。
    数日後2回目に来た時は何度も転び、20分ほど自転車を押したり乗ったり転んだりを繰り返しながらコースを進んだ。
    最後は見事に林に突っ込み、泣きながら帰りたいと嘆願する息子だったが、
    『今日は終わりにして帰ろっか』
    とこっちが折れた途端に手のひらを返し、すごい勢いでこれまで何度もくじけたコースを逆方向に一度も止まらず駐車場まで走破した。
    img_0683
    前から来る歩行者や自転車を何度も巧みによけ、怖がっていた橋を難なく渡り、舗装されていないガタガタ道をものともしない大激走である。
    『ここさえ乗り切れば、帰ってテレビが見れる!お母さんに会える!このスパルタ馬鹿オヤジと自転車から解放される!!』
    人間、達成可能で明確な目標を見出すと、力を発揮するようである。
    こんな後ろ向きの目標ではあったが、達成してみると自信をつけるには十分だったようだ。
    3回目に来た時は、何度か派手に転び足から血を流しながらも、泣くこともなく湖を一周することができた。
    4回目は初めて参戦した娘に転びながらも大差をつけてゴールし、
    5回目にカミさんと3人で来た先週末は、一度も転ぶことなく湖を一周し、そのポテンシャルの高さをカミさんに見せつけることができた。
    img_0688
    ここまで2週間。今や自転車に乗れば、足で走るより速いスピードで、水たまりの上だってスプラッシュしながら走破できる。
    彼の見ている世界は大きく変わったようだ。

    そして驚くべきは、彼の家での態度である。
    初めて湖を一周した日は帰ってからも興奮冷めやらず、翌朝はいつもと打って変わって何とすんなり勉強を始めたではないか。
    18fefd66e684003e597da1252104af12_s
    天変地異でも起こるのではないかと心配したが、次の日には元に戻っていたのはちょっと残念。
    それにしても、よっぽど嬉しかったのだろう。
    自転車の師匠であるこの僕をリスペクトしているところも、何とも気持ち良いではないか。

    今度は彼の通う学校から我が家まで、国立公園を通りながら帰る道を発見したので、挑戦しようと思う。
    いつもは制限速度70-80キロの大通りを使って、車で20分ほどかかる道のりである。
    img_0684
    お弁当とおやつを持って、一日がかりのコースになりそうだ。

    さてさて、クリスマスでお子さんに自転車を買うこともあるシーズン、子供の自転車選びについて書こうと思う。

    1.まずはブレーキ。
    こちらが娘の自転車。
    good
    ブレーキパッドがちゃんとタイヤのフレームに固定されている。
    そして、こちらが息子の自転車。
    nogood
    ブレーキパッドが宙ぶらりんで、フレームに固定されていない。
    成長盛りの息子の自転車は、某量販店でとにかく一番安い子供用のものを購入した。
    ブレーキは極めてききが悪かったので、購入後に僕が調整した。
    すると、僕が急ブレーキをかけると、勢いでブレーキパッドをつけている金具が、フレームに固定されていないため曲がってしまう。
    娘の自転車も同じ量販店で買ったものなので、同じお店の中でも、ブレーキのちょっとした構造はチェックしてみた方がいいと思う。

    2.買った後のチェック
    購入した際は箱に入っているため、中から出して組み立てる必要がある。
    箱から出した時点で、タイヤは既にフレームについていたので何もしていなかったが、2回目のサイクリングに行く際に自転車をキャリアに乗せようとした途端、前輪がボロッと落ちた。
    img_0666
    この時落ちてくれたのは、何ともラッキーだった。
    サイクリング中に取れるのも危険だが、それにも増して車で走行中に落ちるようなことがあったら後続車が大事故につながる恐れがある。
    絶対にチェックしておくことをお勧めする。

    3.パンク
    湖にデビューする前に公園で練習をしていた際、転んだ後に空気が抜けた。
    自転車を購入した量販店でパンクの修理キットを買いトライしたが、キットの質が悪く到底修理できるようなものではなかった。
    img_0568
    不本意ではあったが、同じ量販店で新しいチューブを買い古いチューブと入れ替えた。
    修理キットとチューブは、双方とも5ドル。
    修理キットは何枚かパッチが入っていてお得感があるが、あの品質だったら同額のチューブを買った方が安心できる。

    4.強度
    パンクのきっかけとなった転倒で、車輪がほんの少し歪んだようだ。
    僕が小学生の頃は、
    商店街の階段をガタガタ降りてみたり、
    雨の中でスリップを楽しんだり、
    アスファルトにどれだけ長いブレーキ痕を残せるかなんてスピードとブレーキの競争なんかをした。
    チューブに穴があく普通のパンクではなく、外側のタイヤが擦り切れて大きく穴が開いた自転車を修理に出したとき、自転車屋のおっちゃんにえらく怒られたのを覚えている。
    何ともクレージーな遊びで自転車を酷使したものである。
    自転車にまたがり、滑り台から決死の覚悟で下にある砂場に突っ込んだ際は、さすがにフレームが曲がってしまったが、少なくとも今の息子の自転車は、あの頃の自転車に比べてやわな気がする。
    img_0672
    男の子の自転車は要注意である。
    子供用でも、ある程度の大きさのものなら、ちゃんとしたものを買った方が長く安全に使えると思う。

    5.自転車の重さ
    息子の自転車は娘の自転車より若干小さいのだが、そのくせやたらと重い。
    両方とも安物なので、当然軽量化など考えていないのだろうが、それにしても息子の自転車は重過ぎる。
    年端も行かない小さい子供に筋トレをさせたいのであればお勧めである。
    img_0669
    子供が育ちざかりなら数年で小さくなって乗れなくなる、というのは仕方のないことではあるが、
    前述のブレーキのこともあるので、2番目に安い自転車くらいが丁度良いのでは、というのが僕の個人的な感想である。

    因みに、Narrabeen Lagoon への行き方は以下の通り。
    いくつかパーキングや公園があるので、自転車以外でも十分楽しめる。

    この時期、是非ともおすすめのコースである。


     

    「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪

Items 1 to 10 of 298 total

Page:
  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5
  6. ...
  7. 30