ようこそ『和みの間』へ
About Us ブログ&お知らせ 無料なごま
会員登録
和みの間
Home
なごまクーポン
ゲット

【隈部美千代のスウィートリボンレシピ】最も簡単なレシピ(?)子供と一緒に作れちゃうスウィーツとは。。。

そう、それは朝子供達を学校やら保育園やらに送って、やっと家に帰ったときのこと。いつもの怒号が飛び交う朝の一仕事をやっと終えて「さぁなごまの作業に取り掛かるぞ」と机の前に座ったところ、誰かがドアをノックする音が。
うちのおんぼろアパートメントは古くて汚くてどうしようもないですけど、建物の入り口のドアはちゃんとセキュリティがかかっています。部屋番号を押して訪問先に開けてもらわないとアパートメントの入り口から中に入れません。だから我が家のドアを直接ノックするなんて、下の階に住んでいる仲良しのサリーおばちゃんくらいなもんです。
しかもこのノック「コン・コン」という音じゃないです。もっとこう小さい音で、それも高速で延々と
「コンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコンコン。。。」
これ絶対サリーじゃないよ!?((;゚Д゚)
IMG_1108
「な、なんなんだ」と恐る恐るドアを開けると、そこには小さな女の子が。
(。◕ ∀ ◕。)
この子 Jemimah ちゃんといって、二つ隣の部屋に数ヶ月前に引っ越してきた気さくなオージー一家の長女。下にもっと小さな妹と子猫がいます。うちの子供が猫見たさに何度か遊びにいったりしてお世話になっているんです。
IMG_1111
どうやら何かお使いのよう。後ろにお母さんも妹を抱いて見守っています。
真剣な顔で英語をバラバラっと話したかと思うと、持っていたかわいいタッパを僕に突き出します。
たどたどしい英語の3歳児と、英語コンプレックスが服着ているようなおっさんです。コミュニケーションが成り立つわけがない。
ヾ(。>﹏<。)ノ゙✧*。
でも「これを渡しに来たんだよね。ありがとう♪」とタッパを受け取ると、中にはかわいいカップケーキが2つ。
うちの子用に王冠とお姫様が乗っています。
IMG_1105
「自分で作ったの?」
と聞いたら僕の英語が通じなかったようで答えに困った様子。
僕に聞き返すのでなく、困った顔で後ろにいるお母さんに振り向き、無言で訴えてます。
”お母さん、こいつ何言ってんの?”
ヾ(✿◕ ‿◕ฺ)ノ
子供のこういう行為って結構傷つくんですよね。悪気がないだけに。。。でも僕が傷つく前にお母さんがフォローしてくれましたよ。
「そうよ、この子が作ったの」
”おらぁ聞いたか、通じてるじゃねぇか”
と内心勝ち誇りながら、バイバイしました。
「おー、さんきゅーべりべり」(´Д`)ノ))
「Bye ♪」ヾ(o✪‿✪o)シ

IMG_1112
3歳の女の子が頑張って作ってくれたなんて、なんとも嬉しいじゃないですか。
これはうちの子供にも作らせてお返しをしなくては!
あっちは3歳が作ったんだから、我が家も8月で5歳になるサルじゃなかった長男にやらせよう。(大丈夫かな。。。)
@(・ェ・)@うっきー
でも何を作らせたものか?僕の得意な「すぐしぼむブラウニー」は鼻血ブーだし。。。
(注!レシピ通りに作ればしぼみません)
なぁんて悩む必要はありません。今月の隈部美千代スウィートリボンから頂いたレシピは超簡単。今までも超簡単だったけど、それの遥か上を行く超絶簡単レシピなのです。サルでも作れちゃいます。(たぶん)
それでは紹介しましょう。どことなく懐かしい、アーモンドキャラメルラスクです。

長~い前置きはこれくらいで、お待たせしました、くまちゃん今回も宜しくぅ!

l008blueb

zairyo_ks

(約40枚分)

  • フランスパン:1本(40cm)
  • 無塩バター:50g
  • 生クリーム:25g
  • グラニュー糖:50g
  • 水あめ:20g
  • アーモンドスライス:50g
  • シナモン・塩:一つまみ

 

make_ks

1. フランスパンは1cm程度にスライスし、150℃のオーブンに10分程度入れて乾燥させます。
(既にパンが固くなっている場合は省略してください。)
2. フランスパン以外の材料を鍋に入れて、全体がとけてとろみがつくまで火にかけ、粗熱をとります。
3. フランスパンの片面に2を薄く塗り、150℃のオーブンで15~20分焼きます。
ラスク1
アーモンドキャラメルがやみつきになる美味しさです。固くなってしまったフランスパンや食パンを利用して手軽に作れるラスクです

wrapping_ks

シンプルな紙袋でリボンのワンポイント。(*˘︶˘*).。.:*♡
ラスク2

l008blueb

ここまで簡単だと、僕の出る幕はなさそうですね。
なんてったって、(数分間にわたって)ブラウニーをあんなに膨らませたこの僕ですからね。
今週末はウーリーで材料買って、息子に作らせますよ。
もうすぐ5歳の誕生日。ケーキくらい自分で焼いてくれないかな。。。

SWEET RIBBON

隈部美千代さんのHP”SWEET RIBBON”です。
正真正銘、本場ヨーロッパ仕込みのスウィーツ教室です。
スウィーツ好きの方要チェック!

kumabe

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「いいね!」ボタンをクリックしてお友達にこのサイトをお知らせいただければ嬉しいです♪