ようこそ『和みの間』へ
About Us ブログ&お知らせ 無料なごま
会員登録
和みの間
Home
なごまクーポン
ゲット

雨ニモマケズ風ニモマケズ、親鳥は大変!

先日紹介した我が家、兼、なごまオフィスのバルコニーで元気にピーピー泣いている雛鳥
うちの子供たちも気になって仕方がない様子。家に帰ってくると二人揃ってバルコニーに出てバードウォッチングです。
でも、どっちが先に雛を見つけたかで揉めています。雛は上の娘が洗濯物を干している時に見つけて、僕に教えてくれました。それに対し下の子が主張するには、
「それよりもっと前に僕が一人でベランダでシャボン玉をしていた時に見つけたんだ!」
と譲りません。ま、どうでもいいんですが、ヒートアップしてきて、またいつもの喧嘩が始まりそう。
この日も、うちの子供に負けないくらい元気な鳴き声が聞こえていました。でも朝から風が強く、冷たい雨が降っているのでちょっと心配。大丈夫かな、とバルコニーに出て見ると、そこには雛ではなく、何故かいつも忙しく餌を取りに行っている親鳥の姿が・・・

あれれ、雛はどこに行ってしまったの?
DSCF3668
ズームしてみると・・・
DSCF3670
いたぁ!
片方の親鳥が雛の上にかぶさって、冷たい雨風から雛を守っています。
自分は寒いだろうに。
DSCF3669
ちゃんと二羽とも元気です。
もう片方の親鳥が餌をくわえて帰ってきました。
たまらず上の親鳥を押しのけて餌をせがむ雛たち。
DSCF3672
今度は横から親鳥登場。
「エサくれー!!」と言わんばかりに力いっぱい泣いています。
でも再び餌を取りに飛び去っていくと、もう片方の親鳥の下に神妙に入って、ピーピーないています。
DSCF3674
雨に加えて風も強くて心配したけど、なんだか暖かそう♪

そんなある日の土曜日、娘が日本語の土曜学校から友達を連れて帰ってきました。
なんでもこの日は、友達と一緒にソイキャンドル作りに挑戦するとのこと。
その前に我が家で一緒にランチだそうです。
娘は家に入ってくるなり、友達をベランダに連れて行きます。
「さっき言ってた雛、すっごく可愛いんだから!」
僕も仕事の手を休めて、一緒に鳥の親子観察です。でも。。。
DSCF3697
鳥というのは成長が早いようで、もう巣立ってしまったようです。
「本当にいたんだから、雛・・・」
実はあの雨の日、いつも右側でピーピー泣いている元気のいい雛が、ちょっとした晴れ間をみては、巣の淵に立って下を覗きこんだりしていたんです。
もう巣立ちの準備なのかな?と思っていたのですが、羽ばたく練習とかはしていませんでした。
だから、まだまだうちのバルコニーの前にいてくれるでしょう、なんて思っていたのが4日ほど前。
こんなことなら毎日チェックしておけばよかった。
それでもちょっと心配だったので、木の下まで行ってみましたが、雛が落ちた形跡はありませんでした。
やっぱり元気に巣立っていったみたい♪
でも巣立ちの瞬間見たかった!

お友達には雛の写真で我慢してもらいました。
でも喜んでくれましたよ。親鳥が雨の中頑張っている写真も真剣に見ていました。

人間の子供は20年くらいしないと巣立ってくれないけど、それにしても鳥早すぎ。
-----------------------------------------------------------------------------------------------

「いいね!」ボタンをクリックしてお友達にこのサイトをお知らせいただければ嬉しいです♪