ようこそ『和みの間』へ
About Us ブログ&お知らせ 無料なごま
会員登録
和みの間
Home
なごまクーポン
ゲット

スウィートリボンレシピの実践レポート:5歳児でも余裕で作れる(はず?)の超絶簡単レシピ。あれ、水あめって、こんなんだっけ??

久々のなごまスウィーツ更新です。もうあまりにも昔過ぎて作った本人も忘れそう。とりあえず、前回の記事を読み返さなければ。
そうそう、あれは同じアパートメントに引っ越してきたオージーの女の子(3歳)が手作りのカップケーキをくれたのがきっかけ。
ヾ(✿◕ ‿◕ฺ)ノ” 『Hi』

そのお返しをしようと思っていたところに、タイミング良く届いたスウィートリボンの超絶簡単レシピ。
これならうちの息子(5歳)でも作れるということで、今回のパティシエに大抜擢。
@(・ェ・)@ 『うきっ?』

ちなみに今回の僕は助手です。
土曜の朝、かみさんは娘を日本語補習校に連れて行ってついでにお買い物。その一方で寝坊のパティシエ。助手の僕は洗い物したり、材料や道具出したり、分量測ったりで大忙し。
その横でなかなか着替えをせず、パンツいっちょでミニカーに興じていたパティシエに、とうとう助手がマジ切れ。
(# `)3')▃▃▃▅▆▇▉ブォォォォ

いよいよ助手がヒートアップして追い込まれたパティシエ、そこに救世主かみさん帰宅。
そして救世主から二人に告げられるまさかの悲報。なんと僕たちの愛車がパンク。
(*´▽`*) 『やちった、てへ』

ところが、大好きな車の修理に大興奮のパティシエ。
それまでが嘘だったかのような速さで着替えて、誰よりも先に現場に到着、そして高みの見物。
(*゚∀゚)=3 『ムッハー!』

その横で助手はまさかのタイヤ交換。
(ョ゚益゚´) 『Nooooooooooooo!!』
IMG_1129

そう、スウィートなのにタイヤ交換。というか、スウィートはどうした!?
今回も予測不能で怒涛の急展開。
何が起こるかわからないなごまスウィート。
さぁ盛り上がってまいりましたよ!!

というのが前回までのおさらい。
登場人物も出そろったところで、あらためて、隈部美千代スウィートリボンレシピ「ラスク」の実践レポート、第二弾です。
パンツ丸出しのパティシエも無事着替えたし、まさかのタイヤ交換もなんとか終わって、いよいよ(今度こそは!)真面目にラスクを作っていきますよ。
しかしそこに立ちはだかるは、今回最大の難関、水あめ作りなのです!

でもその前に第一工程です。

1. フランスパンは1cm程度にスライスし、150℃のオーブンに10分程度入れて乾燥させます。
(既にパンが固くなっている場合は省略してください。)

IMG_1122
なんてったって僕の大好きなウーリーの「Reduced」ですからね。できてから何日たってるかは知らないけど、硬いですよ絶対♪
IMG_1169
切ってみたけどやっぱり硬い!(*˘︶˘*).。.:*♡
でもオーブンを温めるのも兼ねて、一応オーブンで乾燥させましょう。
IMG_1171
これがあのラスクになるんですね。
オーブンよろぴくぅ。
オーブンが頑張っている間に水あめ作りです。
くまちゃんから頂いたレシピには「水あめ」としか書いていなかったので、僕が独自に調査して作りますよ。
調査によると使う材料は、水と砂糖だけ。砂糖:水を1:2~2:3くらいの割合で用意したら、あとはレンジで2分くらいチンだそうです。
それでは張り切っていってみましょう!
IMG_1141
水と砂糖をいれて。
IMG_1147
レンジで2分間だけチン。
レンジの中でなにやらぐつぐつ煮えています。大丈夫かな・・・。
チーン。熱いお皿に注意して取り出すと、あれれ、水あめとは程遠いサラサラな砂糖水が出てきました。
まずは、テーブルまで持ってきて、どうしたものかと考えます。
(。・ˇ_ˇ・。)
IMG_1149
確か僕の知っている水あめってのは、こう、透明で、びよーん、としていて・・・。
でも透明でもないし、びよーんともしていない、ちょっと粘り気のある、ただの熱い砂糖水のような。
砂糖が足りなかったかな??
なんて思いながら、スプーンでかき混ぜていたら・・・
IMG_1160
あれよあれよという間に、どろーん。
( ✧Д✧)
こ、これは、何と無く水飴っぽいような、でも何か違う、というか色が全然違うような・・・
「それ、やるぅ〜」
IMG_1152
やっとパティシエが仕事開始です。ヽ@(o・ェ・)@ノ うきゃ♪
どろーんどろーんと遊んでいる混ぜています。
でもここで事件です。なんか「どろーん」としていたものが、ねばーっとした感じに、更には混ぜるのも大変なくらい硬くなってきました。
IMG_1161
なんだか飴細工みたい。
糸を引いたまま固まってしまいます。
昔料理の鉄人か何かで、こんな感じのデコレーションを見たような。
うーん、これは早く次の行程に行きなさいってことなのかな、やっぱり。
なんて考えている間に。スプーンが立つほどか固まってしまいました。
更に、立ったスプーンを持ち上げると、入れている陶器の器まで持ち上がってしまう!
(*゚∀゚)=3 うきゃきゃきゃきゃ!
IMG_1174
パティシエは大喜びだけど、もはや水飴じゃないでしょこれ。
仕方が無いから、また水を加えてチンすることに。
でもこのスプーンをつけたままチンしたら大変。
まずはこのスプーンをパキッと取ることに・・・
IMG_1179
でもどうするの?このスプーン。
とここで再びパティシエの登場です。
「これ、やるぅ」
IMG_1180
僕も、お皿に残された長く伸びた飴細工のようなものを折って舐めてみましたが、まさに飴そのものでした。但し甘いというだけで他に何の味もしない飴です。
再びレンジに入れると、中でぐつぐついって、再びあのサラサラ状態に戻りましたよ。
一件落着。
IMG_1183
でもどろっとした時に素早く次の過程に移らなければ!
この辺から僕は真剣です。早く次の用意をするのです。

2. フランスパン以外の材料を鍋に入れて、全体がとけてとろみがつくまで火にかけ、粗熱をとります。

2. フランスパン以外の材料を鍋に入れて、全体がとけてとろみがつくまで火にかけ、粗熱をとります。

IMG_1184
素早く水飴と材料を鍋に入れて、火をつけます。
IMG_1185
ぐつぐつぐつぐつ
IMG_1189
とろみがついたかチェーック!
IMG_1191
ふぅ・・・これで粗熱を取れば、この工程修了!
この間に材料入れていたお皿を流しに下げて、とっとと洗ってしまおう。
まったく忙しい、忙しい。
でも、外から子供の笑い声が。なんか和みますよね。
(*´ω`*) ほのぼの♪
我が家のキッチンの窓はベランダに面しています。ベランダの先はアパートメントの庭から、世話好きのサリーおばさんの長話が聞こえたり、子供の遊ぶ声が聞こえたり、赤ちゃんの泣き声が聞こえたり、こういう雑音が僕は結構好きです。
おまけに今日は窓からシャボン玉が見えています。どこかで子供が遊んでいるんでしょう。何とも微笑ましいじゃありませんか。そして、今外から聞こえているこの声は・・・
『ぎゃはははは、うっきー♪うっきー♪』
なぁんだうちの子じゃないですか。そうかぁパティシエは今シャボン玉で遊んでいるんだぁ・・・。
(´▽`) '`,、'`,、

・・・・・・シャボン玉?
『おめぇは何しとんじゃ?パティシエ』
『うき?・・・』
IMG_1148
『これやるぅ』と言って水飴のついたスプーンを口に入れたまま、まんまと逃亡に成功したパティシエ。
そう言えば、さっきまた『これやるぅ』とか言いながら、かみさんと二人で何やらごそごそ始めてました。
((*´∇`人´∇`*))) :楽しいねぇ♪
ちょっとまて、お前は今日パティシエのはず・・・
『パティシエさんは作らないんですか?』
『・・・』
『無視ですか?』
『・・・お母さんと一緒にねぇね迎えに行くぅ』
『行くぅ、じゃねぇだろ、作るの?作らないの??』
щ(゚Д゚щ)  :どっちかはっきりせぇカモーン!!
僕の心の中でゴングが「カーン!」と高く鳴り響いたところで、かみさんの
『まぁまぁまぁまぁ』
ブレイクブレイクブレイク。
二人はそのまま娘のお迎えに行ってしまいました。

【今回のまとめ】
★ここまで助手がやったこと
朝ご飯作って、
洗い物して、
洗濯機回して、
パティシエの着替え出して、
材料出して、
材料測って、
何故かタイヤ交換して、
パン切って、
乾燥させて、
水飴作って、
材料混ぜて、
★ここまでパティシエがやったこと
寝坊
ミニカーの整列(芸術的でもズボンなし)
着替え
タイヤ交換見物
水飴試食
シャボン玉
お母さんと脱走←今ここ
ここまで反省なし
うきゃきゃきゃきゃ♪@(≧▽≦)@

ごめん、くまちゃん。材料混ぜてパンに塗って焼くだけなのに・・・

次回、『えぇぇ、これ自分で作ったの?何歳だっけ、5歳?すごーい頑張ったね♪』に乞うご期待!

SWEET RIBBON

隈部美千代さんのHP”SWEET RIBBON”です。
正真正銘、本場ヨーロッパ仕込みのスウィーツ教室です。
スウィーツ好きの方要チェック!

kumabe

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「いいね!」ボタンをクリックしてお友達にこのサイトをお知らせいただければ嬉しいです♪