ようこそ『和みの間』へ
About Us ブログ&お知らせ 無料なごま
会員登録
和みの間
Home
なごまクーポン
ゲット

【シドニー教育コラムBy JETS学習塾:最終回】 我が子を「英語と日本語のバイリンガルに育てたい」と思っているお母様方へ

 

Castlecrag にある日本人経営の老舗の学習塾 JETS のりえ先生のコラム、今回は最終回ということで海外に住む親の永遠のテーマ「英語と日本語のバイリンガルに育てるには。そしてそれを阻むものは?」ということをテーマにお届けします。我が家も5年生の長女とKindyの長男をもっかバイリンガルに育てるべく格闘中。毎週土曜日日本語補習校に通わせているものの、スポーツとのスケジュール調整で母の頭と身体はショート寸前です。こんな状態が続けば「あぁもうだめだ・・・」と思ってしまうお母さんたちも出てくるはず。そんなときどうすればいいんでしょうか!?ということで、りえ先生よろしくお願いいたします!

 

子供をバイリンガルに育ててるのはお母さんの夢!?
l008blueb

chikyu

ここオーストラリアで日本人のお母さんが子供を生んだ時、その多くの人が「子供がバイリンガルとして育つといいな」と思われるのではないでしょうか?

しかし実際には、子供が大人になるまでにたくさんの人があきらめてしまうようです。確かに完璧に英語と日本語を両立させることは難しいかもしれません。でも、完璧でなくてもいいじゃないですか。家庭内で片親だけでも、たとえ子供が英語で話し返しても、日本語で話しかけることをやめない。そして少なくとも義務教育期間中、週1回だけでも日本語や日本文化に触れさせることはとても意味があると思います。では、なぜ諦めてしまうのでしょうか?

 

日本語の勉強の継続を阻む3つの壁
l008blueb

第1の壁は小学校入学の時、子供の英語の遅れが気になって、いったん日本語をやめてみようと思ってしまうこと。1世代前の移民がこの国にやってきた頃は、学校でも母国語を捨てて家庭内でも英語で話すようにと指導したそうで、ご年配の方の中にはその頃の思いから、若いお母さんたちに日本語をあきらめさせようとすることもあるそうです。でも、最近のリサーチでは母国語を大切にしても数年のうちに追いつくことや、脳の発達面からみても有益であることなどから、現地学校のESLの先生たちも母国語を保つよう奨励しています。

第2の壁は小学校の中ごろから始まるバンドやスポーツ、オポチューニティークラスやセレクティブスクールの為の受験勉強。子供たちはただでさえ難しくなってくる日本語が負担になってきているのに、追い討ちをかけるように忙しくなります。そして、親御さんも、好きなスポーツや音楽などに打ち込む我が子をみると、そっちに集中させたほうがいいと思ったり、友人からセレクティブに行かせたらよかったという話を聞いたりすると、日本語はとりあえず休もうと思われるようです。でも、いったんやめてしまって再度始めるのはもっと大変なんです。

第3の壁は小学校卒業の頃です。7年間頑張ったからもういいことにしようと区切ってしまうパターンです。でも、どの国でも12歳で義務教育は終わりません。まだまだ教育によって子供たちが磨かれるときですし、例えば漢字だけ見ても小学卒業時ではまだ半分しか習っていません。別に全部覚えなくてもいいですが、少なくともその存在くらい知っていてもいいのではないでしょうか。

 

それでも日本語の勉強を中学3年生まで続ける意味
l008blueb

私がシドニーで塾の講師として約25年教えてきた経験から言って、少なくとも中学3年生までは続けることに意味があると思います。そして日本語を続けて大人になった人の多くは、親が厳しかったことに反抗した時期もあったけれども、最終的には励まして続けさせてくれたことに感謝しています。そして、日本語も英語も自由に使いこなせ、書物でも新聞でも映画でもテレビ番組でも2倍楽しめることに喜びを感じています。

だから、お母さんたちにはくじけないで頑張って中学3年生までは日本語の勉強を続けさせて欲しいと思います。忙しくて漢字テストが0点でもいいし、振り仮名なしでは教科書が読めないというのでもいいと思います。それでも、土曜学校や塾などで友達と共に継続して日本語を学び続ければ、大人になった時、その時間そのものが財産になります。

たとえ日本人の両親の間で生まれて、家庭内の言語が日本語であっても、簡単な日常会話を超える能力を要求される読み書きは、師弟関係で学ぶ方が効率がいいです。

また、もし既に諦めてしまったという場合でも、まだ希望を捨てないでください。今後お子さんがアイデンティティーについて考え始めたり、ティーンエイジャーの頃に日本へ行ってとても楽しい経験をしたりして、急に日本語に興味を持った時は、そのチャンスを逃さないでください。これまで、私の塾の生徒にそのような生徒がいましたが、モチベーションが高いので小学校の低学年のテキストから始めても、どんどん習得していき、数年で新聞が読めるようになりました。

前政権の時に報道されたことですが、次の世代が活躍する頃にはアジアの世紀が来ると言われていて、今、アジアの言語が注目されています。

 

最後に・・・
l008blueb

これまで、このコラムを読んでくださった皆様、ありがとうございました。今回で最終回となりますが、シドニーで育児をされている皆様、せっかく授かったお子さんです、是非子育てを楽しんでください。私も常日頃、たくさんの子ども達に接しながら、みなに幸せに育って欲しいと願っています。

そこで、最後に一言、幸せって何でしょう?大人になって高学歴でお金持ちでも、合わない仕事をやっていたり、人間関係に恵まれていないと幸せな気持ちにはなれないように思います。

やりたい仕事が見つかって、それができれば一番いいと思います。でも子供時代に受動的に何かをやらされてばかりだと、自分が何がやりたいのかもわかならくて、つまらない人生になってしまいそうです。忙しい毎日の中でも、主体的に何かに取り組めるような自由な時間を子ども達に与えてください。

また大人になって、周りの人間とうまく付き合うことができなかったり、いいパートナーに巡り合えなかったりするのは寂しいものです。頭脳明晰でも人間関係が健全に築けなければ、仕事面でもうまくいかないでしょう。

子供は学校や近所で、他の友達と遊んだりけんかしたり仲直りしたりの毎日の中で社会性を身に付けていきます。チームスポーツやバンドなど、協力しなければできない物事に参加させるのもいいでしょう。そして、その身に付いた社会性こそが人間関係作りの土台を形成し、その子の人生をより豊かなものへと導いていくのではないでしょうか?

塾の先生として言うのも変ですが、勉強だけさせられたような偏った人間にしないで、子供の全体像をみてください。子供の将来を明るいものするかしないかは親御さん次第です。

この25年余りの間に沢山の塾の生徒達が大人になっていきました。自分達の興味あることをやり続けながらも勉強を続け、バイリンガルになった生徒達です。その元生徒達が今ある時分の姿を誇らしげに見せに来てくれるのが何より嬉しいです。

子供時代は短いです。子供たちがいろんな経験をしながら、たくさんのいい出会いに巡り合えますよう、お祈り申し上げます。

l008blueb

【なごま管理人の妻の編集後記】

「シドニーにいる日本人お母さんを元気にできるような情報サイトを作りたい」と思ってなごまサイトを立ち上げたときから、教育関連のコラムを書いてくれる人誰かいないかな・・・と思っていました。が、なんと娘のお友達のお母さん、というとても近い所にシドニーの塾で教えて25年というベテランの方がいらっしゃった!ということでおそるおそるお願いしたところ、快く引き受けていただいたりえ先生。日本育ちの私としては、オーストラリアの教育システムはちんぷんかんぷん。なんでこんななの?何の意味があってこうなってんの?など?マークがいっぱい。ということは同じことを思っている日本人母も多いはず!という事で初めてもらった教育コラムですが、読む度に「へ~」と思ったのは私だけではないはず。残念ながら今回で最終回となってしまいましたが、子供の勉強方針に迷ったらJETS学習塾へりえ先生を訪ねてみてください。25年という経験をもとに、親身にお母さんとお子様に合った方法を一緒に考えてくれるはずです。

JETS学習塾では、HSC対策、 現地学校での成績アップクラス、来豪したばかりのお子様用英語レベルアップクラス、日本の学校の受験対策クラス、セレクティブスクールの試験対策クラス 等、ご要望に合わせた様々なクラスをご用意しております。お問合せは下記からどうぞ。

 

The Japanese and English Tutoring School ジェッツ学習塾

講師陣は皆20年以上の実績があります。丁寧でわかりやすい授業に定評があり、これまでに多くの生徒が成績を上げ、喜びの声をよせてい ます。日本へ帰国したときの受験対策、現地学校での成績向上・英論文・英会話・HSC・TOEFL・SAT対策、そして日本語・国語の習 得やHSC日本語対策、など様々なご要望に応じます。算数・数学は日本式・オーストラリア式のどちらにも対応可能です。子供の能力や目的 に応じて指導計画を立てます。キンディーから12年生まで。大人の英会話もあります。

お問合せ: 0405-270-817  rie@bullet.net.au
126B Edinburgh Rd. Castlecrag Australia 2068

intro

-----------------------------------------------------------------------------------------------

「いいね!」ボタンをクリックして、新しいお店の情報やお店開催のイベント情報をいち早くゲット♪